【ブルベ回想録】BRM317群馬300かまくらみち

今年は桜の開花も例年より早く、その分散るのも早い。毎年、今年は花見をするぞーと思っても結局時間が取れずに過ぎ去ってしまうというのがワタクシのパターン。。

来年こそ桜の下でビール飲みます!

ちなみに3月の走行記録は実走+ローラーで距離1,533km、獲得標高10,205mでした。
暖かくなったので、久しぶりに月間1万mUP出来て個人的に満足です。速くはなっていませんがなにか(笑)


さて、先月完走した高崎スタートの300kmブルベBRM317群馬300かまくらみち
出走から完走に至るまで一気に綴って行きます。

先日完走メダルも届きましたよ〜



ブルベは今回で3回目という、ブルベ初心者なワタクシ。
不安に駆られて必要以上の重装備で、車載で高崎城南大橋に向けて朝5時頃出発。



途中のコンビニでarajinさんと遭遇する。近いとは言えない距離を自走とのこと。恐れ入りますm(__)m

(´-`).。oO(怖えぇ〜

集合場所に着くとショップチームメイトのタカさんがすでに到着しています。
先ほどコンビニで会ったarajinさんも到着。
自分も余裕見て来たけど、みんなそれ以上に早い。

お馴染みの受付風景デス。
今回は300kmなので制限時間は20時間。
なるべく日付が変わるまでにはゴールして、カラダを休めたいな、なんて考えます。



と、ここで約一年ぶりの再会となる、のぼうさんにもご挨拶。程なくしてpayanecoさんも到着。

顔見知りが多く気持ちも和みますが、不安を拭えません。なにが不安かって??
超方向オンチなワタクシは、コースアウトが怖くてたまりません。。

キューシート用意して、ガーミンにルート入れて、時間があればルートの予習をしていましたが、どうにもこうにも不安(笑)

高崎〜鎌倉まで南下するルートなので右左折や信号も多い・・
なんせ普段は信号も少ない山道しか走らないので、完全におのぼりさん状態。

ブリーフィング中もそんなことを考えていたら、あっという間に出走時間の7時になりました・・

それでは行ってきます!



タカさんと一緒にスタートしましたが、カラダが温まっていなかったので脚が回らず、しばらくは付いて行くのがやっとでした。。

PC1の所沢までは約78km。
所沢〜鎌倉までは信号峠が酷いとの事なので、序盤ペースを上げて時間の余裕を作らねばなりません。

豪脚の方々は速いペースでパスして行きますが、気にせず後半バテないためにも自分のペースを守ります。

それにしても平坦を延々と回すのは、苦手なのです。飽きてしまう。。時折出てくる貴重な?!アップダウンを楽しみました(笑)

所沢手前から結構信号で足止めをくらいますが、順調にPC1 所沢にピットイン。



arajinさん、payanecoさんは既に到着していて、なんとこれから有志数名でアニメろんぐらいだぁすで有名な双龍に寄り道して、ご飯を食べてからコース復帰されるとのこと。

やっぱり豪脚さん達は違う!
脚の違いを見せつけられます。。

(´-`).。oO(僕はルート通り走るのにいっぱいいっぱい・・

補給も摂って、さあスタート!
というところで痛恨のミス。

コンビニでレシート貰わないクセが染み付いているワタクシ・・

例外にもれず?!ブルベPCという重要な局面においても「レシートいりません」と大ボケをかましましたっっ。

本能的に危機を感じたというやつでしょうか、、PC1スタート直前に気づき慌てて買い直してレシート貰って無事再スタートという・

自分のドジさ加減にこの先思いやられます(笑)

さて気を取り直して、PC2の鎌倉に向けてペダルを回します。

回します!

まわし・ま・す。

ま・わ・し・ま・す。。

・・・ストップ&ゴーの繰り返し。
信号峠が酷くて回せません(泣)

うー、快走したいストレスが溜まります。
PC1〜PC2の区間が全ルート通していちばんキツかったですね。

そういえば鎌倉までもう少しという所で、地元のローディーさんに声を掛けられる。

「どちらのブルベですか?」と聞かれたので「群馬からです」と答えると流石に少し面食らった様子でした(笑)
「頑張ってくださーい!」とエールを送られました。Raphaが似合う、とても感じの良い方だったなあ。印象的なひとコマでした。

そして小学校の社会科見学以来となる、鶴岡八幡宮の横を通る。懐かしい・・

但しこの辺り観光客と観光バスで大渋滞。
全く進めないので暇つぶしに写真を撮って、気を紛らわせました。





ご覧の通りの人だかり。
ロードバイクから降りて手押しして進みます。



そしてようやく由比ヶ浜に到着〜
群馬県民は海を見ると興奮します!

(´-`).。oO(全県民が興奮するとは言っていない・



海、海、海っ!





しばらく海風にあたりながら海岸線を心地よく走ります。渋滞峠で少し疲労感を感じてましたが、吹っ飛びましたね。

そしてPC2 鎌倉七里ヶ浜にピットイン。
海を眺めながら昼食タイムです。



スタートから145km。
あと半分とちょっとか、脚の調子も良いしよっぽどのことがなければ、このまま行けるかな。

ご飯食べたら良い感じで回復してきたので、後半もタカさんとチームふたりで頑張ります!

苦手な市街地区間をタカさんに牽いてもらっていたので後半は恩返ししなければ。

次のPCは八王子。相模原に向かうにつれ、信号峠から解放されて、良い感じの坂とアップダウン区間に突入。

クライマーではありませんが、いつもこういう場所を走っているので、2人とも息を吹き返して、今までの鬱憤を晴らすかのようにおりゃ〜と走行会ペースで回します。

なんて事をやっていたら八王子手前のエグい坂でバテちゃいました(笑)

ペースを落としてゆるゆる回して、PC3 八王子に到着!

すっかり陽も落ちてナイトライドの準備です。



それにしても久しぶりに引っ張り出してきた初号機 R子・・
ブルベ直前にフルメンテしてもらったお陰でノートラブルで走れている。
店長ホントにありがとうございますm(__)m

あまり空腹を感じていなかったので、簡単に補給を済ませて残り約100km走ります。

暗闇の中をキューシート通りに進みますが、土地勘がないので、どこをどう走っているのか把握しにくいです。
サマーランドの横を通りますが、ここから自転車で群馬まで帰るなんて気が遠くなりますね。

そして青梅〜飯能まで出るとようやく知っている道に巡り会いましたっ・・
ここからだったら、キューシートにかじりつかなくても帰路が大体分かりそうだ。

しかし200km以上走ってきた脚には、越生あたりのアップダウンはカラダにこたえる。。
もう、坂はいらないかな・・

気温も下がってきてカラダが芯から冷える。
寒いっす(泣)
途中、別のブルベと思われる沢山のランドヌールとすれ違う。お互い頑張りましょう!と声に出す元気も無かったので心の中で呟きます。

さすがに疲労が蓄積して来たのでコンビニに駆け込んで、ホットドリンクを補給してスタート。

寒さと疲れで、ここから残り50kmぐらいが長〜く感じましたね。
R254に出るとようやく土地勘が働きます。

藤岡に入ると少しハンガーノック気味に。
途中の峠でヒャッハーし過ぎた事を反省しつつペダルを回す。。

藤岡の街中を抜けて、ひたすら高崎の城南大橋まであと少し・・

最後は寒い寒い言いながらチームふたり、無事ゴールしました!



ゴール受付に行くも寒さで震えが止まらない。
完走時間を記入するように促されるが、手がかじかんで中々ペンを持てない・・

16時間14分で無事完走しました。
マイペースで気持ちよく走れたので大満足です。

タカさん、牽きつ牽かれつ終始お世話になりました。ランドネきたかん400もこんな感じで旅を楽しみたいと思います。

翌日はカラダが回復してれば、ショップライド参加を目論んでいたのですが、起きたらカラダがバキバキでお休みしたのは言うまでもありません(笑)

最後に、ブルベの運営とゴール後に温かい味噌汁や甘いお菓子を振舞って頂いたAJ群馬スタッフの方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

【ブルベ準備編】BRM317群馬300かまくらみち

昨日は次男の小学校卒業式に出席してきました。子供が大きくなるのは、あっという間。
赤ちゃんだった頃が懐かしく感じますね。

ん?中学に入るということは、勉強に本腰を入れるんだな。
という事は、次男部屋に置いてあるローラー台は、とうとう撤去されてしまう(当然だ

エアコン入ってて超快適だったのですが、また2.5畳の自転車部屋に逆戻りです(笑)

寝室という選択肢もあるが、そんなことしたら妻に寝首をかかれてしまう

さて、自転車部屋の話題はこの辺にして本題に入りましょうか。


先週3/17は今年初のブルベ「BRM317群馬300かまくらみち」に参加してきました。
過去のブルベ経験と言えば、2016年→200km×1本、2017年→400km×1本だけ。
そう、ブルベ超初心者なのです。

ロードバイクは分野を特定せずに活動したいので、長距離走りながら景色の移り変わりを味わえるブルベも楽しみたいと思っているのです。

今年のブルベに参加するにあたり、初号機のアルミTCR号→略してR子で走りたいと思っていました。

しかし、約5年前に購入したR子はローラー専用機として活動しており、実走するにはフルメンテが必要な状態でした。

各所のサビ、変速不調(特にFD)、チェーン伸びを始めとして、その他諸々不具合があり、ブルベ1週間前にショップに持ち込みました。

店長も面食らうぐらいヒドイ状態でしたが、快く受けて頂きブルベの2日前にメンテ完了の連絡が・・
間に合わなかったら、FENIXで走ろうと思っていたのですが、運良く間に合った次第です。

交換パーツはヘッドベアリング、チェーン、ボトムブラケット、シフト&ブレーキケーブルetc・・と色々ありましたが、徹底的に見てもらったので安心して走れそうです。
店長、ホントにありがとうございました!

R子を引き取りに行った日の夜、早速ブルベ装備を着けていきました。

・前照灯→VOLT800、400の2灯
・尾灯→2灯
・ヘルメット用ライトしてVOLT300
・ヘルメット用尾灯
・ツールケースの中身
→チューブ2本、ライトの予備バッテリー
工具、タイヤレバー、ワイヤーロック
・サドルバッグの中身
→アームウォーマー、半袖ジャージ、
夏グローブ、携帯ポンプ、チューブ1本、
パッチ、ウインドブレイカー
・トップチューブバッグの中身
→モバイルバッテリー2個
・ベル
・キューシート

300は初めてだけど、400よりは軽装備で行こうかな、なんて思いながら準備を始めましたが持ち前の心配性が発症・・

備えあれば憂いなしということで、
結局400と同程度の装備になりました。。
というか、余分なモノを持って行くよりDNF時対策として輪行袋を持って行くべきなんですよね。。



ちなみにホイールは、カラダに負荷をかけようと鉄下駄ホイールを検討していたのです。

が、、アルミフレームにこの装備、、うむむ重い。このうえ鉄下駄ホイール仕様にしたら、即脚売り切れてPC2の鎌倉までも辿り着ける気がしません。。

というわけで、ホイールはレーゼロに(笑)

(´-`).。oO(いずれにせよ短距離仕様・・

あと、心配なのは道に迷わないようにライドすること。
キューシートとルートを予習して、分かりにくいところは
Googleのストリートビューを確認して、ガーミン510にも
ルートを入れましたが、酷い方向音痴なのでドキドキです。

そんなこんなで準備が整って、翌日のブルベ300を迎えるのデス。

つづく

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GRBCデカ盛りライド!

またもやご無沙汰しています。
スカイロードです。
ブログ更新頻度が1ヶ月に一回のペースになっていますが、ちゃんと自転車には乗れていますよ。

────────────────────
1月 走行距離1,347km・獲得標高6,410m
2月 走行距離1,179km・獲得標高8,409m
※ローラー込。獲得標高はバーチャルライド
分は含まず実走のみ。
────────────────────

1・2月の月間走行記録はこんな感じです。
数字が示す通り、距離の割には全然登れていません。
今年は冷え込みが厳しくて、坂練が億劫になっていますが、毎月コンスタントに9千mは稼ぎたいところです。


さて、前置きはこのくらいにして1月のとある日の、GRBCチーム練のことを綴りたいと思います。

今回は、高崎観音山でのチーム練でのこと。
当日朝は和田橋河川敷が集合場所。
自走で自宅から向かいますが、23kmあるうえに市内の信号に引っかかりまくって、集合時間ジャスト到着です。

自分にとって、今年入って初のGRBCチームライドだったので「明けましておめでとうございます!」と挨拶を済ませます。

今日は10名と多めの参加者が集い、早速スタートです。





高崎観音山は、この周辺のローディーにとっては絶好の坂練スポットなのです。
コースも変化に富んでいるので、ヒルクラトレーニングには最適とのこと。

自分は前橋方面なので、からっ風街道やR353、草木ダム周辺を練習場所にしているのでとっても新鮮ですね。

登坂能力が超級なクライマーIさん先導のもと練習開始!
Iさんに比べたら僕の登坂能力なんてうんこ以下(爆

ローディー人口が多いこともあり、観音山周辺はこんな感じでセグメント区間が多いのが特徴なんですよ。



早速「WBC Eコース」セグメントでクライマー陣がアタックしてきますが、その中にハコガク銅橋を彷彿とさせる豪脚スプリンター ノアさんの姿が!

全開で回して追うも全く追いつけず、セグメント区間終了。
平坦では爆速のノアさんですが、確か坂は苦手だったはず・・

よく見ると体も絞れているし、ローラー練も継続して努力されている様子。
でも自分もサボっているわけではないので、正直悔しいですよ〜

でもこんな風に切磋琢磨するのって、ソロライドでは出来ないことなのでレベルアップの足がかりになりますね!

高崎白衣大観音はそんなワタクシを見て暖かく見守ってくれていたはず(笑)



ホント1月にしては暖かくて青空が爽やかで、印象的な日だったなあ。

さて、本日のメインイベントはなんと言ってもランチでした!
Oさんオススメの「まさか」というお店に8名でIN。



こんな壁面イラストもユニークですね。



運良く並ばずに入れましたが、あっという間に満席に。

メニューを見ていると店員さんが「ミックス丼セットがおすすめですよ」というので、メンバーの半数がミックス丼セットをオーダー。

料理が運ばれてきて、、
ぶったまげました!

▼ミックス丼・・でかい唐揚げ×3個+ソースかつ3枚



横から見るとこんな感じで超ボリューミー。



▼一人前量のうどん



むむむっっ、、

ヒルクライムトレーニングの後に
「まさか」の超級山岳が待ち構えているとは。

これぞまさしく〝昼喰らいむ〟(笑)

面食らいながらも全ての食材に感謝して、、

「いただきます!」

デカ盛りなので大味かと思いきや、とんでもない。
ソースかつ、唐揚げ、しっかり味がついていて肉も柔らかくて美味い!
お米もこだわっているようだ。

そして忘れちゃいけないのが、うどんです。
というか、うどんが主メニューのようですね。

かなりコシのある、もちもちとした食感の麺。
うまうまです!
大袈裟じゃなくて、今まで食べて来たうどんの中で5本の指に入ります。ホント恐れ入りました。

Oさん、グルメスポット紹介頂きありがとうございます。次回もまた行きましょー!

さて、満腹になりこの後どうしようかという話になり、時間があるメンバーで「少林山達磨寺 」へ参拝に行きましょうということに。

途中省略からの到着(笑)









少林山達磨寺に来るのは、記憶が正しければ幼少の時以来じゃないかな。
大人になって自転車を通じて出会った仲間と来るなんて、なんだか不思議な気持ちです。

まだまだ満腹すぎて苦しいお腹を労わりながら坂練再開、、
ですが、登り始めると輪をかけて苦しい。。

ノアさんも満腹でかなり苦しそうだ。
その前にはアタックポイントに最適な、極上の坂が視界に確認出来る。

・・・これは、満腹で弱っているノアさんに勝つチャンスではっ(ニヤリ)、ということでアタック開始!

(´-`).。oO(なんてセコい考えなんだ・

ノアさんも食らいついてくる。
僕も全力で回す、回す、回す・・
坂の終わりで勝敗が決まる。

先に力尽きたのはワタクシ・・
今日は全区間完敗ですよ。
もっと練習して出直してきまっす( ̄^ ̄)ゞ

そして本日の締めは・・



長坂牧場の〜



ジェラート!



サッパリ美味しくて最高の口直しになりましたよ〜



この日の出来高は自走で85km・1000mUP。
今回は坂練+デカ盛り練、ローディーたるもの胃袋の強化も必要ってことですね!

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

レース本番編【ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン参戦記】

さて前回の更新、もてぎサイクルマラソン・レース前のひと時編から更新が滞ってしまいましたが「もてぎ100kmサイクルマラソン」レース本番を綴って行きますね。

レースと言えばヒルクライムレースしか出たことの無い自分は戦々恐々。。

おっと、未合流だったくりぼーさんとも無事合流出来てチームメンバー8名揃いました〜

スタートまで暇つぶし?!に補給食を摂って気を紛らわしたりしているうちに整列の時間に。



このスタート待ちの雰囲気、、
意外と好きかもしれないです。



何だかんだと思いを巡らせていると、スタートの合図がありペダルを回します。

21周100kmの長いレースの始まりです!

昨年の赤城HCが終わってからも、ローラー練はほぼ毎日やって来ましたが、その成果がサーキットレースでも出るのかは疑問ですが・・

それにしても、スタート直後からしばらくは渋滞が続きます。
特に約800mの直線坂が終わってからの下りは、特に前が詰まるので落車要注意区間。

お互いハンドサインと声かけで注意を呼び掛けます。
最初でこそ、チームメイトとまとまって走っていましたが、2周目から豪脚メンバー4名に引き離され、あっという間に背中が見えなくなるという。。

単独走行は避けたいので、自分の足に合うトレインを見つけようとするも、なかなか見つからない・・

ちょうど良いトレインを見つけても直線坂ポイントで必ずバラけるので、またいちからトレイン探しの旅。

途中、ゴーッという爆音と共にもの凄い勢いで走って来る先頭集団に抜かされる。

言うなればすぐ横を新幹線が通過していくような勢い・・

それほどの勢いに驚き、脚の違いを見せつけられ、、正直チョットヘコみましたっ。。

そんなことをやっているうちに、10周目以降からかなり疲弊してきました。
周回タイムも、一周だけ7分台があったものの8分後半まで落ちてきた。

中盤前後からはさらに9分台に落ちて、15周目頃からついに脚がピクピク・・

さらに回し続けるとついに、、
ビキっと攣ってしまいましたよ_:(´ཀ`」 ∠):

この時点でほぼ同じペースで走っていたKさんにパスされる。。
悔しいけど、走りながらマッサージして脚を回復させる。

ああ、平坦を高強度で回し続けるってキツい・

回復後も数周ごとに襲ってくる攣りの兆候と戦いながら、ひたすらペダルを回す。

いつも坂練を継続している為か、直線坂が唯一のオアシスに感じるという不思議。
逆にここでしかアドバンテージを感じません(笑)

ヒルクライムより足攣り回数が多く、悶絶しつつ21周100kmを走り終えました。

結果は3時間8分・アベレージ32km。
うーん、せめてアベ34kmは行きたかったなー
カテゴリー別ではリタイアの人達を含めると、半分くらいの順位でした。

感想としては、あと何回かエンデューロ系のレースに出てみないと正直なところ、向き不向きについては何とも言えないですね。

レース直後は心折られましたが、今思い返すと楽しい思い出?!に塗り変わっているという。

次回はつくばエンデューロにも参戦してみたいと、ちょっとだけ思ってます(笑)

これからは坂練コースだけでなく、地元でも周回練習出来るようなコースを探してみようと思います。

最後になりましたが、共に参戦してくれたチームメイトと大会運営スタッフに心より感謝します。

帰りの高速道路では眠気を抑えるのに必死でしたが、ラーメンで復活しました
\\\٩(๑`^´๑)۶////



ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

レース前のひと時編【ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン参戦記】

カンパといえば、自転車界では言わずと知れたカンパニョーロですが、天気で言ったら寒波!

(´-`).。oO(つまんなくてスミマセン・

正月の朝練でドリンク飲もうと思ったら、凍ってましたよ・・



そう、去年の正月より今年はメチャ寒く感じます。。
その証拠に去年1/4は赤城登れてますからね!
今年はまだプチ坂練のみでヒルクライム出来ていないのは寂しいコトです。

さて、今回は1/7に参戦した「ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン」について、ゆるゆると綴って行きますね。

サイクルマラソンと言う平和な響きなれど、れっきとしたガチレースなのです。

1周4.8kmのロードコースを100km→21周回してカテゴリー毎に順位を競います。
ちなみに9:30スタートでゴールクローズが13:30。
つまり4時間以内に完走しないと、足切りになるんですよ。

今までレースと言ったらヒルクライムしか参戦した事のない自分は、高速巡航のサーキットレースなんて初めての超初心者(/ _ ; )

不安で頭の中がいっぱいデス!

前日は20:30頃就寝して、翌日はAM3時起床。
4時に車載で出発します。

しかし睡眠時間はしっかり取ったものの、やはり眠くて、駒形インターから高速道路に乗ったのに、何を思ったか次の伊勢崎インターで降りてしまうという大ボケぶり。。

オレ、ダイジョウブカ??

気を取り直して再度高速に乗って、6:30に道の駅もてぎプラザでショップチームメイトと合流!

ショップチーム・グランデパールから8名参加とは賑やかで嬉しい。群馬から同じジャージで8名集うというのは心強いですね。

もてぎエンデューロに参加経験のあるメンバーの車にエスコートしてもらい、北ゲートへ。



通行パスを提示して駐車場に到着!



ピット裏の駐車場に車を停められて良かった〜
1人だったら右往左往してましたね(汗

あたりをキョロキョロと・・



お、やっとMOTEGIのロゴ見っけ(笑)



空も晴れわたり微風でベストコンディションな感じです。



但し自分のカラダはポンコツなので、ベストコンディションとは言えませんね(爆

受付を済ませて、補給食も投入して(投入早すぎ)・・



準備完了!



いよいよコースに出て・・・



みんなで試走開始します!

・・試走直後、雑兵ジャージの方を見かけたので、面識は無いのですが思わずご挨拶させて頂きました〜

「borikoさんとdegenkoさんに宜しくお伝えください!」とお伝えしました!

このコース、序盤に約800m程の直線坂があるのが特徴です。
普段から坂練を行なっているので、それほどキツく感じませんが21周回、ココを通過する事を考えると、後半はバテバテになるでしょうね。

ココはインナーに落として脚を温存させて通過することにします。

問題はこの登りのあとの下りで、よく落車が発生するので注意すべし!
と仲間から貴重なアドバイスが。

とりあえず緩めに2周ほど走って、ピット裏に戻ります。

どんなレースでもスタート待ちの間は緊張するものですね〜

(´-`).。oO(そういや、まだ全員集合してない!いない人がいるゾ・・

長くなったので次回「レース本番編」に続きます。

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

スカイロード

Author:スカイロード
趣味はMacとカメラでスポーツは無縁でした。息子の自転車購入を機に何故か自分も無性に自転車に乗りたくなり、気が付くとロードバイクを購入していました。
ロードバイクを中心に趣味のカメラや大好きなお酒などについて、綴って行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR