【PC3〜完走】BRM526群馬600km 西会津の山並みと日本海

突然ですが、ストラバに参加されているローディー仲間、自分の周りでは多いです。
サボりたい時でもフォロワーのログを見ると、頑張んなきゃっ!と思いますが、自分に甘いのでなかなか追い込めない(笑)

ストラバはライドログに対して、スゴイ!を押したりコメントを残したり出来ますが、評価のバリエーションがあると楽しいかも。

例えば、神ってる!、ヤバい!、マジ卍〜、などがあると盛り上がるのでは(日本特有の表現だけど)・・

(´-`).。oO(お友達のk.i.mさんからは、マジ卍〜しか押さないんじゃないの?と指摘を受ける・・

・・・スミマセン、どうでもいい戯れ言でした。


さて、5/26に参加したブルベ、BRM526群馬600kmですが、準備編スタート〜PC3に続き、PC3〜の出来事を綴って参ります。

日も沈んだ為、ヘルメットライトを装着したりナイトライドの準備をして、PC3の山形県川西町を19 時頃スタート。

ちなみにPC3・川西町〜PC4・新潟市まで110kmあります。
土地勘の全く無いエリアでのナイトライドは、毎度の事ながら緊張しますね。

20180618065417f21.jpeg


しかも新潟に抜けるまでは、あまり路面もよろしくないらしい。
疲れも出てきているし、気を抜くと最悪落車なんてこともあり得る。気をつけなければ・・

新潟まで補給ポイントが殆どないのは分かっていたのに、PC3での補給が不十分だったかな、とちょっと後悔しながらペダルを回す。

カラダの調子は食欲が無い以外は良好です。
300km近く走っているので、疲労感は感じていますが・・

ナイトライド開始後、先頭交代したタカさんがいい感じで回すので、僕はついて行くのにいっぱいいっぱい。

しかも事前情報通り、路面の状態が悪くブラケットをしっかり握っていないとハンドルを取られる感じです。

しかも夜という条件に加えてトンネルも多い。
こんなコースを昨年、単独で走ったarajinさんスゲー!なんて考えながら走ってました。

路面の状態は相変わらずなので、ライトの光量も最大にして、注意しながら走ります。

それにしても寒い・・

南東北といえど、群馬の夜と比較して格段に冷えます。。この時期、8℃という気温に目を疑いましたよ。

途中でウィンブレ、レッグウォーマー、フルフィンガーグローブを装着したけどまだ肌寒い感じ。日中と夜の寒暖差が大きくて、少しずつ体調に異変を感じてきます。

路面の荒れと寒さと疲れで、ストレスが高まったところで、ようやく新潟にIN。

新発田市に入り新潟に向かう道中、コースアウトするも比較的早く気づいて復帰する。

と、なんとここでタカさん体調不良の為、ストップ。かなりキツそうな様子。
ここまで一緒に走って来たので、頑張りましょう!と声を掛けたかったが、辛そうでとてもそんな状況では無い・・

残念ながら、タカさんはここでDNF。
でもカラダの限界に達したら離脱を決意するのは、英断だと思います。

〝ここまで長い道中走ってこれたのは、タカさんのお陰なんだよな〟とやり切れない気持ちを抱えながらPC4に向かいます。

しかしそんな自分も疲れからか、吐き気が襲って超ペースダウンしてしまう。
なんだか朦朧として来て、早く健康ランドで休みたいという欲求しか湧かなくなりました。。

そして376km地点、PC4・新潟にAM1:23に到着。しかしDNFが頭をよぎるほど、ヘロヘロな状態に。ブログ用のPC写真を撮り忘れるほど、疲弊しきっていました。

ここで終わりにするかな・・

何も食べたくない状況で、何気に手に取ったのが、ウイダーゼリーのマルチビタミン。
レシートをもらう為に仕方なく買ったのですが、ところがどっこい!

補給するやいなや、気持ち悪さが吹っ飛んでしまいました。。
ひと言で表現するなら〝ホウレン草を食べた後のポパイ〟のよう(昭和ネタ)・・

カラダに不足していたものが合致したのでしょうか、、眠気の微塵もなく走る気満々状態になっちゃいました。
仮眠する予定だった、新潟市内の健康ランドを横目に、このまま走り続けることにします。

客観的に見たら正しい判断では無かったかもしれません。
600ブルベでは仮眠を取ってから再スタートするのが、疲れ対策としても眠気から来る不慮の事故などを抑制する為にも良いに決まっています。

しかし、元気なうちになるべく走っておきたい、という気持ちが優先してしまう。
とにかく眠気を感じたら長めの休憩を取ることを胸に誓い、ペダルを回す。

ちなみにPC4〜PC5までは平坦基調。
登りで疲労しきった脚を回復させるための、脚休ませる区間とします。

それにしても深夜、真っ暗で心細さを感じながらひとり旅。
それでも3:30を回った時点で食欲が戻ってきて空腹を感じて来ました。

ダメだ腹減ったー!

途中、燕市のコンビニで夕飯なのか朝飯なのか、よく分からない補給タイムを取ります。
もう、胃腸はすっかり回復してマスよ〜

20180613085427078.jpeg


4時を回るとあたりが明るくなって来ました〜
新潟の夜明けです。

2018061308543640e.jpeg


昨日の朝から群馬→福島→山形と走り続けて、新潟で朝を迎えるなんて不思議な気分です。
恐らくこの感覚は一生忘れないでしょう・・

回復走的な走りで、ラストPCとなる越後川口に6:47に到着!

201806130854431e4.jpeg


20180613085453906.jpeg


胃腸の調子も良くポークフランク、おにぎり、赤コーラを補給。
陽射しも徐々に強くなり、今日も暑くなりそうです。

さて、ここからゴールまであと約134kmです。
気持ち的には、まだ100km以上も回すのかよー!というのが、素直な気持ち(笑)

距離の問題以上に、ゴールまでのコースレイアウトがエグいんですよ。。

新潟と群馬の県境にある三国峠を越えて行かなければならないのデス。

201806232110432fc.jpeg


ま、まあ、あまり考えても仕方ないので延々と続くR17をひた走ります。
眠気は無いんですけど、疲れからかすぐ後ろからホイールのラチェット音が聞こえる気がするのです。

他のランドヌールさんかな?
と思って後ろを振り返るも、誰もいない・・
しばらくするとまた・・

オバケ?!

いや、、単なる幻聴ですね。。

そして塩沢石打あたりから徐々に登り基調に。
越後湯沢からは勾配がガクンとあがり、走行距離500kmを越えてからのヒルクライム突入です。

ああ、越後湯沢から輪行で帰りたい(笑)

登り始めてすぐに、登りの脚が残っていない事に気づく・・
山や峠は速くないけれど、大好きなのです。
しかし、今日は背を向けて逃げ出したい気分。

軽いギアでクルクル回して行っても、脚が鉛のように重くて、呼吸も苦しい、そして暑い、、とても標高1000mまで登れる気がしない・

しかも狭くて路面が凸凹しているトンネルが時折出てくる。
昨日、トンネルはイヤと言うほど味わったので、苦手意識は感じないけど車も意外と通るので慎重に進行します。

・・・と、突然火災を知らせるサイレンの音が峠全体に響き渡る。
少しすると消防車が数台、坂道を登って行く。
でもそれは序の口、、この後何台もの消防車が立て続けに通り過ぎて行く。

トンネルの中でも、サイレンがけたたましく鳴り響き、別の意味で怖かったです。

苗場まで登ると火災による煙がすごくて、まともに吸い込むと苦しい。
すぐに迂回路を案内され、三国峠方面に進むことが出来ました。

これでもかという長い登りをクリアすると、ようやくピークまでたどり着きました〜

20180613085503f76.jpeg


三国トンネルを抜けると・・

201806130855121f1.jpeg


群馬県みなかみ町にIN。

201806130855405fa.jpeg


ここまで長かった。。
遠い昔に枯れきったと思っていた涙が、溢れてきそうになる。

この時点で5500mUPしている事を確認した瞬間、獲得標高表示欄がフッと消えた・・

えええっ、、獲得標高ログが飛ぶのは勘弁してほしい・・

が、復活しないので諦めモードでペダルを回します。

あとは下りと平坦のみだ!
と、思った瞬間にカラダの不具合が出始めます。
まず、尻の皮が擦り剥ける寸前で痛い。
サドルに座っているのが困難になる。
そして、右脚の母指球あたりに激痛が走る。
さらに、左手の痺れが辛い・・

しかも頭も悪くなった(もとからね笑)

ハイ、まともにペダリングが出来ない状態になってしまいました。

HPもMP(最初からない)もゼロに・
ホントの限界がやって来ました。

さらに、、

「なんで道端で人がうずくまってるんだ?!」と思うと、岩だったり・・

「林の中に人が立ってるぞ!」
と思うと、木々だったり・・

疲れで幻覚まで見えるようになるという。
でも走り切ろう!という気力だけは衰えていなかったので、みなかみ→沼田→渋川と、ほぼノーペダリングに近い状態で降りて来ました。

ああ、川で水浴びしたいよ〜

20180613085548aed.jpeg


大正橋から利根川CRに入り、デポ地の道の駅 よしおかに33時間48分で無事帰還しました。

自分でも600km完走できた!
ホントにカラダがボロボロになっちゃいました。間違いなくロード始めてからいちばん過酷なライドです。

その証拠に4週間経った今でも、ライドの記憶が美化されません(爆

ブルベカード提出後、メダルをゲット!
輝いとるっ・・

20180613085615f6b.jpeg


お菓子やドリンクも振舞われ(AJ群馬スタッフ皆さんに感謝!)

20180613085601d47.jpeg


日帰り温泉でひと風呂浴びて、サッパリしたあと帰宅しました。

気になってた獲得標高も消えていませんでしたが、なぜか6500mUPになってました。
これはあり得ない、、5500mUPが正しいログでしょうね。

大げさに言うと、ちょっとだけ人生観変わるようなライドに。
600はこれで最初で最後かもしれませんが、プライスレスな思い出になりました。

最後に、スタートから新潟まで一緒に走ってくれたタカさん、ブルベを運営して頂いたAJ群馬スタッフの皆さんにこころより感謝します。

本当にありがとうございました!

BRM526群馬600km 西会津の山並みと日本海


ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

【スタート〜PC3】BRM526群馬600km 西会津の山並みと日本海

昨日は午前中は人間ドックで、苦手な胃カメラ飲んで来ました。。
数年前、酷かった胃炎は良くなっていたのでひと安心です。

(´-`).。oO(逆流性食道炎は慢性化してましたけどね・・

皆さんも健康にはご留意くださいませ。
当たり前の事ですが、何をするにもカラダが資本ですからね・・

さて、前回記事の準備編に引き続き、5/26に参加したブルベ、BRM526群馬600km本編を綴って参ります。

受付を済ませて、ブリーフィング・車検の後、5時に意を決してスタート!
土日とも晴れ予報なので天気は心配なさそう。でも気温は夏並みなので、注意が必要です。

2018061308512136e.jpeg


ブルベカードって改めて見るとパスポートみたい。機械の脚でも手に入る旅ならメーテルと共に(昭和ネタ)旅したい(笑)

くだらない話しは置いといて・・

今回の群馬600を走るにあたり、大いに参考にしたのが、お友達のarajinさんのブログ「物来順応」でした。

昨年同じ600を完走しており、その記事がブログにUPされていたので、熟読させて頂きました。ありがとうございます!

(´-`).。oO(読んだだけで完走した気分になるるるる・・

さて、本題に戻ります。

先は長いし序盤から坂が中心なので、六分ぐらいの力で回すことに専念しよう。
ランドネきたかん400の時は、前半はしゃいでしまって後半くたばるという苦い経験を反面教師として、活かすことにします(笑)

日光までは何度も走った経験があり、コマ図を見ずとも頭の中に入っているのでペース配分はバッチリ。

R122はコンビニが少ないので、最初のファミマで軽く休憩を取り、草木湖方面へ。
草木湖は、月2回ぐらい週末朝練コースの折り返し地点にしているので、この辺りは庭のようなものなのです。

足尾に向かう途中、清涼感のあるモニュメントをパチリ。

201806130851406ee.jpeg


この後の足尾から日足トンネルまでは、ひたすら登りでガマンの子。

スタートから一緒のタカさんと、暗黙の了解で20〜30kmごとに先頭交代しながら進みます。
タカさんはパワーメーターを確認しながら、オーバーペースにならないよう、ペース配分している様子。

僕はパワーメーター無いので、体内メーター?!使用。感覚でペース配分します(笑)

ようやく日足トンネルまでキター

20180613085210d6b.jpeg


ここを抜けると、一気に景色が開けて来ます。
120号を左に曲がれば、いろは坂→奥日光→金精峠経由で群馬に帰れる・・

が、、そうしたい気持ちをグッと堪えて(笑)、ルート通り福島方面に右折します。

そして84.6km地点のPC1・日光に8:48に到着。脚も温存出来てるしペースも順調です。

2018061308523453a.jpeg


スタート前に朝食は済ませていたので、ビタミン系のジュースとおにぎり一個だけ補給。今の所これだけで充分。

PC1を出た直後にチェーン落ちしたのは、ご愛嬌・・

サクッと休憩を済ませて、PC2の会津若松を目指しま〜す。

20180613085242c95.jpeg


但しPC2までは約110kmあるので、どこかで昼食休憩しながら行くことにしましょうか。

鬼怒川温泉を抜けて川治温泉へ。
静かでとても落ち着く温泉街だなあ、
なんて、ブルベで来ている事を忘れるぐらい癒される。
今度プライベートで来てみたい場所です。

20180613085250dbc.jpeg

旅のひとコマ 〜かわじい〜

R121をひたすら北上、何気にほぼ登りだったけど景色に癒されて、あまりキツさは感じませんでした。

そして登りきったところで、福島県南会津町に入る。関東地方から東北地方へ自転車で移動する。なんだか感慨深いものがありますね。

2018061308525993a.jpeg


ここから数キロ先の、道の駅たじまで少し早めのお昼にします。
暑かったけど、暖かいそばがカラダに染み渡る。

201806130853141f0.jpeg


ここまで良いペース。
タカさんと20〜30km毎に先頭交代しながら走っているので、心地よい疲れを感じるぐらい。

残りの距離の事を考えると滅入るので、前に進む事しか考えません(笑)

ただひとつ言えることは、福島を縦断して山形に向かうという、さりげなく過酷な旅をしていると言うことですね。

それにしても長めのトンネルが多い。
普段のライドではトンネルを前にして引き返すぐらい、大の苦手なんです。

まるで苦手を克服しろと言わんばかりの、これでもかというトンネル攻撃。

もう許してください_:(´ཀ`」 ∠):

とりあえずの試練を経て、ようやく会津若松市に入る。遠くに見える鶴ヶ城をパチリ。

20180613085326d0f.jpeg

普通は車か電車で観光に来るとこですよね・・

会津若松市内を観光気分でペダルを回していると、左折箇所に気づかずコースアウト。。
タカさんに呼び戻される。

そして197km地点のPC2・会津若松に14:12に到着!

ここでは、おにぎり一個とポカリスエット、そして暑くてたまらなかったのでアイスを補給。

20180613085334ae4.jpeg


イートインスペースがあるコンビニだったので、あまりの快適さに店外に出るのが億劫になるほど。
しかしまだ全行程の1/3しか走っていないし、日が沈む前になるべく進行したいところです。
ホントは猪苗代湖を、ひと目見たい衝動に駆られていましたが、心を鬼にして再スタートします。

喜多方市に入って、ちょっとおやつ?!にラーメン休憩。どんなにキツくなっても、旅の心を忘れずに喜多方ラーメンだけは、絶対に食べようね!とタカさんと決めていました。

チャーシュー麺の方がブログ映えするのですが、内臓も少しずつ弱って来ていたのでガッツリ系は避けました。。

20180613085342ec8.jpeg


喜多方ラーメンを食べるというミッションをクリアした我々は、どちらからともなくボソッと「おウチに帰りたいな(かなり本音)」と呟く。

でもそこはココロを大人にしてライドオン!

でもここから山形県米沢市までの道のりがキツかった。ここへ来て登り基調。ダメ押しクライム(トドメとも云う・・)開始。

もう心の中はヤバい、もう許して、マジ卍〜と様々な言葉で埋め尽くされる。

もうね、素晴らしい景色が目の前に広がってるんですけど写真撮る余裕すらないんですよ。(ブロガー失格ね・)

さらにトンネルも続く。もうここまで来たらトンネルの苦手意識はぶっ飛びましたよ。

トンネルなんか怖くないさ、オバケだってでないさ!

と、わけのわからない開き直り状態になる。

途中、軽量化の波が襲ってくる。
トイレに入るも和式しかなく、脚を攣りそうになりながら用を足す(食事中の方、スミマセン)

余計な体力を使った後、ようやく、ようやく・

山形県米沢市にイン!

201806130853494d8.jpeg


201806130854004ae.jpeg


ここまで自転車で来た事に感動を隠せません。控えめに言っても、とってもスゲーことしています。ここまで書いてたら、当日を思い出して気持ちが高まり、乱文になりつつあります・・

途中、道の駅 田沢で自販機休憩を取りPC3に向かいます。

ところが、、

この道の駅でどうやら、ブヨに刺されてしまったようで特有の強烈な痒みを感じる。
掻いてしまうと余計に毒が回ってしまうのでひたすらガマン・・

そんな状態で267km地点のPC3・川西町に18:38に到着!

20180613085414ee1.jpeg


内臓が弱って来た為か、全く食欲が湧かず三ツ矢サイダーのみ補給。
それよりドラッグストアを探さねば。

コンビニでドラッグストアの場所を聞いて、進行方向から離れた所にあるドラッグストアで、虫刺され用の塗り薬を購入。

早めに処置したので、腫れを抑えることが出来てひと安心です。

さて、ここからPC4までの道のりが色々な意味で過酷でした。

長くなりましたので次回に続きます。

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

【準備編】BRM526群馬600km西会津の山並みと日本海

平日はローラーばかりですが、早朝も暖かくなってきたので気が向いた時だけ、朝練始めたスカイロードです。

(´-`).。oO(週1ぐらいかな・・


さて、5/26に参加したブルベ「BRM526群馬600km西会津の山並みと日本海」の事を数回に分けて綴って行きたいと思います。

今年はどういう心変わりかブルベにチャレンジしており、600km参加は今回初めてです。

ずっと気になっていたブルベ600。
制限時間40時間という長いライド時間・・

SNSのタイムラインを見てると600参加者の走っている様子が生々しくレポートされていて、完走された方、体調不良や機材トラブルなどで無念のDNFをされた方などの様々な状況が把握できて、手に汗握るような臨場感を体感していました。

自分がチャレンジしたらどうなるんだろう?!と思ったのが、そもそもの動機なのデス。

でもエントリー後、時が経つにつれて
「やっぱり実力に見合わないし、DNSしようかな・・」
なんて、わりと真面目に考えてました。

ところが、、

ハルヒル終了後に会う人会う人、ほぼ全員から・・

「来週の600頑張ってください!」

「600なんてマジ卍〜」

「頑張って!600なんてお金もらってもイヤだけど(笑)」

「当日いつもの練習に来たら追い返しますよ(^^)」


と立て続けに言われる始末・・
あ、表現には多少の脚色ありますけど(笑)

数名に言っただけなのに何故か広まっている・・
逃げようと思ったら逃げが効かない状況に。

これぞまさしく四面楚歌!

引くも地獄、引かぬも地獄。。

「今後、ライドに顔を見せなくなったら何かあったと思ってください(>_<)」

と、言い残し(笑)参加を決意しました。

それから出走までの1週間は、日課のローラーもせず、キューシートをもとにルートを引いたり、準備に明け暮れる毎日。

キューシートベースで600km走るには心もとなかったので、どうしようかと途方にくれていると、sepaさんが執筆しているセパパパ日記のブログ上で、キューシートをコマ図に変換するマクロを公開しているではないですか!

九死に一生を得るとは、まさにこの事。
sepaさんのブログコメントに使用させていただく旨お伝えしてありがたくDLさせて頂きました。

実はロードバイク始めたときから、時折りブログを読まさせて頂いていたのです。

sepaさん、本当にありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

そういえば、今まで輪行袋も持たずに400km走ったりしていましたが、トラブルなどの不可抗力な事態も考えて、モンベルの輪行袋を用意。

(´-`).。oO(なんなんだ、、この包まれるような安心感は・・

辛かったらいつでもDNFできるじゃないか・・

さて、今回の装備は以下の通りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ライト類
→フロントライト2灯(VOLT800,300,
予備バッテリ1本)、リアライト2灯、
ヘルメット用フロントライト(VOLT300)、
尾灯

●トップチューブバッグ中身
→モバイルバッテリ2個、ガーミンとスマホの
充電ケーブル

●ツールケース中身
→パンク修理キット

●サドルバッグ(オルトリーブ)中身
→輪行袋、レインウェア、ウィンブレ、
フルフィンガーグローブ、チューブ4本、
替えのインナー、シューズカバー、
ハンドポンプ

●自転車
→300,400の時と同じく、アルミフレーム
のR子で。ホイールはレーゼロ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

400kmの時の装備プラスαの重装備。
補給食はあえて持たずにコンビニにすがることにします。

僕にとっては決死の覚悟で挑むので、サドルバッグに真田六文銭をつけて走ろうかと思ったんですが、ふざけてる場合じゃないと考え直してやめました(笑)

20180613085106867.jpeg

一昨年、栃木の戦国武将ショップで買ったやつ・・

ちなみに今回走るのは・・

道の駅よしおか〜前橋〜足尾〜日光〜会津若松〜米沢〜新潟〜三国峠〜水上〜道の駅よしおかというルートです。
ルートラボでルート引くだけでお腹いっぱいになってしまった。。

20180613085043d71.jpeg


サテライトで見るとこんな感じ。
獲得標高約5500mの山岳ブルベなのデス。

20180613085053769.jpeg


福島か山形の山中で悶絶している未来しか見えませんが、やれるとこまで頑張ってみようかという気になってきました〜

前日は21時に就寝し、翌日は3時起き。
朝食食べて4時前に車載で、道の駅よしおかに向かいます。

準備をしていると、タカさんと合流。
その後、受付を済ませてブラブラしているとジョニーさんにも会うことが出来た。

20180613085131ad0.jpeg


さて、完走する自信は全くありませんが、長旅の始まりです。

それでは行ってきまーす!

2018061308512136e.jpeg


次回に続く

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2年ぶりに参加!僕のハルヒル2018

またまた約1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました〜

今日は富士ヒルクライムの開催日でしたね。
SNSのTL見ていたら参加者個々の想いが伝わって来て胸が熱くなりました。
参加者の皆様、大変お疲れ様でした!

さて、5月の走行ログは、距離1456.1km(ローラー込)・獲得標高11,625mでした。
600kmブルベがあったので、まあまあ距離は走りましたが、GWがあった割には獲得標高は今ひとつといった感じです。

今回は先月5/20に参加した、榛名山ヒルクライムことハルヒルの事を綴って参ります。今さら書くのかよっ!て感じですが(笑)

20180601052618d6a.jpeg


ここで、過去参加したハルヒルの私の恥ずかしいログを公開。

2014年→1時間19分
2015年→1時間11分
2016年→1時間5分

・・・進歩がなくホントに恥ずかしい。

こんな感じで60分切りとは無縁のタイムだったので、あきらめ感からか去年はエントリーすらしませんでした。。

レース後半の急坂が肌に、、いや脚に合わないというか、何というか・・
要するにハルヒルコースが苦手なだけなんですね。

地元のイベントだし、仲間うちの多くが参加するハルヒル。
今年は60分切り目標でショップチーム・グランデパールでエントリーしました。

しかしエントリーしたは良いものの、試走に行くのが億劫で、試走は1回しかしませんでした。。

そんなこんなで本番を迎えたのです。
受付日は強風だったので、ヘタレなワタクシは約26km先の受付会場には車で向かいます。

会場に着くと、GRBCチームメイトのノアさんとIさんに遭遇。お二人とも自走受付です。

2018060105250095f.jpeg


とりあえずさっさと受付を済ませて・・

2018060105250871d.jpeg


GOKISOホイールをはじめとした、物欲が刺激されるブースをぶらぶらと。

20180601052426353.jpeg


明日は頑張りましょー!
と2RUNだけ買って会場をあとにします。

当日レース前の補給食たち。

201806010524389d4.jpeg


前日の夜は20時頃には就寝して、翌日は2時半に起床。朝食食べて軽量化を済まして4時前に車載で出発しました。

裏道を通って行ったら5時頃には駐車場に到着。少し肌寒いけどUPしなきゃ!という事で、そそくさと準備を済ませて下山荷物を預けて、榛名支所方面にペダルを回す。

・・・が、胃腸の弱いワタクシはここでまた軽量化の波が(>_<)

結局、支所まで行ってトイレを借りて帰ってくるだけのアップになっていないアップ終了(笑)

一抹の不安を抱えながら会場に向かうと、待機グラウンドには既に人、人、人・・

20180601052602bed.jpeg


2年ぶりの参加ですが、このお祭りのような賑やかさがハルヒルの良さなんだよな〜、、と感慨にふけります。

いつも懇意にさせてもらっている、仲間たちと集合写真を撮ったり、雑談したりしていると、あっと言う間にスタートの時間になっちゃいました〜

自分は第6ウェーブのスタート。
O教官が見当たらないので、ひとりスタートか〜、とショボくれていたらF8さんが僕を見つけてくれました!
豪脚F8さんとスタートラインだけでも一緒に立てて心強かったです。

このスタート直前が一番緊張する・・

20180601052610ad1.jpeg


スタートの合図と共にF8さんはすぐに視界から消えてしまった(笑)

睡眠時間充分!軽量化成功!アスリチューン赤×2本、2RUN、マグオンをスタート直前に補給済み!

ペダルもよく回るし、調子も良いようだ。
スタート後しばらくは混雑しているので、接触しないように気をつけて進みます。

序盤の苦手箇所、病院坂をクリアして初心者ゴール地点を試走より2秒早いタイムで通過。

スプリント区間を抜けると、山岳区間へ。
ここから榛名神社までは、斜度も上がり個人的にはガマン&苦手な区間。

あとからオールスポーツの撮影写真を確認すると、ありえないぐらいの苦悶の表情を浮かべている。。カッコ悪いので今年も買えない(笑)

神社通過は試走時とほぼ同じタイム。

しかしこの後の激坂区間で、攣りそうな脚を必要以上に庇ってペダルを緩めたせいか、ペースが落ちてしまった・・

男根岩が見えてきて最後の登り、力を振り絞ってゴール!

ご覧ください、晴天のもと爽やかに佇む榛名富士を。ハコガク真波君じゃないけど「オレ生きてる!」って実感しちゃいます。

20180601052618d6a.jpeg


結果は59分34秒。
公式記録で念願の60分を切ることが出来ました!

でも、、、

実は1回しかしていない試走で、58分台が出ていたのです。ですので心の中では目標タイムを55分切りに上方修正していました。。

試走より遅かったのですが、まあ良しとしましょうか・・

しかし、、

この後、会う人会う人に・・

「59分?!マジですか」
「あら、調子悪かったんですか?」
「もっと縮められたんじゃ・・」


とツッコミを受けます(笑)
皆さんストラバで繋がってるので互いの練習量を知っている間柄です。

確かに、、去年の夏ぐらいからほぼ毎日ローラーしたり、時折平日朝練したり、週末は追い込み練習してましたT^T

一緒に練習したり刺激を受けあった仲間からしたら確かに「???」だったでしょう。

僕の実力は所詮こんなものですが(笑)

でも正直に言いますと、、

「めっちゃ悔しいです!」

仲間から試走のお誘いも何度となくあったのに、榛名山の苦手意識が強くて地元なのに試走1回のみで終わってしまったこと。

登りのセンスも才能が無いのに、レース対策を怠って来たこと、反省点を挙げればキリがありません。

来年は55分切りを目標にリベンジします!
柄にも無いですが、こういう風に宣言しないと頑張れない気がするんです。

努力する事でしか速くなる手段が無いので、またコツコツとトレーニングしなきゃですね。
僕はガチでは無いですが、自分を甘やかしてしまった事は否めません。

そんな事をモヤモヤと考えながら下山。
そんな心境でもお腹が空くので、もつ煮丼とジェラートを補給。

ウマウマでしたっ!

201806010526298ee.jpeg


20180601052637ad9.jpeg


そんなこんなで、僕のハルヒル!2018は終了です。

最後に円滑に大会を運営して頂いたスタッフの方々、沿道で応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
地元でこんな大規模なヒルクライムレースが毎年開催される事を誇りに思います。

そしてこのハルヒルの翌週に600kmブルベに参加しましたが、このお話は次回綴って行きますね。

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

【PC4〜完走】BRM429宇都宮400km北関東(ランドネきたかん)

今日でゴールデンウィーク最終・・・
なんて話題は野暮なのでやめましょう。
シクシク哀しくなりますからね。。

今日はショップのハルヒル試走会。
凄く気合い入れて6時頃、自宅を出発。
しかし、胃腸の弱い私は腹痛に見舞われトイレクライム&体調不良でDNSです。
集団で走る貴重な機会を逃してしまった。

4月の試走一回のみですが、もう試走の時間は取れないので、このまま本番を迎えることにします( ̄^ ̄)ゞ
まあ僕が何回も試走したところで、ポテンシャル低いのでたいしてタイム変わらないすから・・

さて、BRM429宇都宮400km北関東北関東3県を巡る、通称ランドネきたかん記事の続きを、いっきにラストまで綴って行きます。

20180503092143679.jpeg


前回記事はこちら

PC4 前橋で少し長めの休憩を取った後、気温も下がって来たのでウィンブレ、レッグウォーマー、長指グローブを装着します。

しかも、前橋市市街地まではちょっとしたダウンヒルですからね。風邪ひかないようにしないと。

前橋市内のよく知った道を走り、高崎→藤岡方面へ淡々とペダルを回します。

そうそう、PC5に向かう途中の信号待ちでの出来事なんですけどね。隣に停まった車のウインドウが開くと「すいませーん!どこまでいくんですか?」と若い男性に尋ねられる。

反射ベスト着て、ヘルメット&フロント&リアライトでナイトライドしている自転車乗り達に、只ならぬ雰囲気を感じたのでしょう。

僕「宇都宮スタートで(カクカクシカジカ〜途中略)400km走ってるんですよ」

すると、、

男性「えええっ!ホントですか?!スゲーーー、頑張ってください!」

、、なんて、凄いナイスな驚きの表情とリアクション頂いて、逆に嬉しくなっちゃいました。
スゴイパワー貰ったなー、なんて感じるブルベ中の印象的なひとコマでした(笑)
これ絶対忘れられない思い出だな・・

そして約302km地点のPC5 上里に、23:40頃に到着。

ここではサラダチキンと飲むヨーグルトを補給。少し食欲が出て来たので美味しく食べる事が出来ました。量は食べられないんですけどね・・

2018050309211463e.jpeg


眠気は殆ど感じないんですけど、やはり疲れが蓄積してます。何故か70〜80年代のポップスが、脳内で自動再生されるという(笑)

この後のルートは太田市街地を通り足利方面へ。何気ないビルも、長距離・ナイトライド・疲労という条件が重なると、何故か新鮮に見える。

大げさに表現するなら、人間社会を客観的な目で見られるというのかな、不思議な感覚。
この感覚は実際やってみないと分かりませんね。

そんな事を考えているうちにラストPC 佐野に到着。あと約45kmだああ〜

20180503092121f73.jpeg


普通にお腹が空いたので、おにぎり×2と飲むヨーグルトを補給。
先についていたarajinさんは、補給を済ませていてスタートされる様子。

少ししてからpayanecoさん、タカさんと3人でスタート。ここまで殆どpayaneco さんに牽いて頂き、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

ここからは各自のペースで、ゴール地点ろまんちっく村を目指します。

しかしこの後の75号線は街灯も少なくて、他のランドヌールさんも遭遇しなくて寂しかったな〜。アップダウンも地味に脚にくるし・・

市街地に差し掛かる頃に道路に障害物あり。
踏んでいたら間違いなく落車だったのでヒヤリとしましたよ。。

そして栃木市の市街地を抜けて、R293を走っていると辺りがうっすらと明るくなって来ました。新聞配達のバイクともスライドし、夜明けを感じる瞬間です。

田野町セブンイレブンが見えてきた。

・・・懐かしい。

昨年11月にここを起点に、B.C.宇都宮(BCU)の皆さんと、GRBC(群馬ロードバイククラブ)で合同ライドしたのです。
BCUの皆さん、気さくで喋りやすい方ばかり。走りも凄く勉強になりました。ホントに感謝の言葉しかありません。

宇都宮は何かと縁のある場所。
この事も後でブログに綴ろう、なんて思いながら数キロ先のゴールを目指します。

そしてスタートから約402km・ゴール地点の、ろまんちっく村にようやく到着。22時間15分でトラブルなく無事完走しました。

コースの大半をご一緒して頂いた、arajinさん、payaneco さん、タカさん、ありがとうございました。
また、ランドネきたかんという、素晴らしいブルベを運営して頂いたスタッフの皆様、この場を借りてお礼申し上げます。
来年も都合がつけば、また参加したいですね。

【完】

追記)
ランドネきたかん終了してから、約1週間経ちますが、まだ脚と尻が痛くて回復しきっていません。来年までに脚とお尻?!を鍛え直します(笑)

ランキングに参加中です。「ロードバイク」バナーをクリックして頂けると記事作成のモチベーションが上がります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

スカイロード

Author:スカイロード
趣味はMacとカメラでスポーツは無縁でした。息子の自転車購入を機に何故か自分も無性に自転車に乗りたくなり、気が付くとロードバイクを購入していました。
ロードバイクを中心に趣味のカメラや大好きなお酒などについて、綴って行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR